心に残った1日

運動会前に起きた台風そして地震と今年の運動会は、波乱万丈でした。被災され避難所生活を送られている方がたくさんいます。1日も早い復旧と復興をお祈り致します。

そんな中、運動会ができました。当たり前と思っている日常がどんなにありがたいかを実感しました。例年、総練習は1週間前でしたが、今年は本番2日前に行ったところ、子どもたちの気持ちもいい感じに本番へもっていくことができました。何よりお天気の心配をしない運動会であったことに感謝でした。至らぬ点は多々ありましたが、無事終わってホッとしています。

子どもたちも泣いたり笑ったりの運動会でしたが、観ている方も泣いたり笑ったりではなかったでしょうか?笑顔で走ったり踊ったりする園児の姿は本当に愛らしい限りでした。そして年長さんはかけっこ、綱引き、障害物競走、バルーン、親子競技そしてリレーと本当に盛沢山で今年もたくさんのドラマがありました。観ていた満3歳さん・年少さん・年中さんはますます年長さんへの憧れと期待が膨らんだと思います。虹の森で過ごした2年、3年、4年間で培われたものが年長さんの真剣に走るあの表情に表れていたと思います。

「三つ子の魂百まで」といつも感じています。今です。今が大切です。この時期の経験がこれからの人生において重要となります。ですから、力一杯遊びましょう!約束を守りましょう!友達と一緒に泣いたり笑ったりしましょう!そして早寝早起き朝ごはんは基本です。何事にも一生懸命する力を養いましょう!!!                     園長 田中雅子

北海道胆振法部地震

9月6日の早朝の地震は、皆様も驚かれたことと思います。

またその後の停電、断水などあらゆるところに影響が出てそれぞれ大変でしたが、皆さんは、大丈夫でしたか?

また土砂崩れ等でお亡くなりになられた方とそのご家族の方々、そして今も避難所で生活されておられる方々が1日も早く日常生活を取り戻されるよう、心からお祈りいたします。

虹の森カトリック幼稚園は大きな被害もなく、10日から12日までは余震などにも考慮して午前保育といたしました。

子どもたちの中には、精神的にショックを受けた子も見られましたが、登園する中で、お友だちとのふれあい、会話などを通して、徐々に笑顔が戻ってきております。

15日(土)は第40回、虹の森カトリック幼稚園の運動会です。予定通り実施致します。子どもの笑顔と、頑張る姿をぜひいらしてご覧頂きたいと思います。

 

練習頑張っています

きっと大きな希望と勇気を子どもたちからもらえる1日になるでしょう!

 

友だちの家でのマナー

長いと思った夏休みもアッという間に終わって、今日から2学期が始まりました。また虹の森カトリック幼稚園が賑やかになりました。2学期は、運動会におみせやさんごっこなどいろいろな行事があります。それらの体験を通してまた逞しくなっていくのだろうと想像するとワクワクしてきます。

親戚やお友だちのお家へ行く機会もあったのではないでしょうか。8月12日の道新に『守られているかな?友だちの家でのマナー』という興味深い記事がありました。①「こんにちは」「おじゃまします」と元気に挨拶する ②脱いだ靴をそろえる ③友だちの家のルールを守る ④友だちの物で遊びたいときは「使っていい?」と聞いてからにする ⑤体を動かして遊びたくなったら外へ行く ⑥遊んだものは片づける。忘れ物をしないよう注意する ⓻帰る時は「おじゃましました」と挨拶する 他に冷蔵庫、クローゼット、収納は勝手に開けない。マンションなどでドタドタと走らない。

当たり前のことばかりですが、やはり小さい時にきちんと伝えないといけない大切なことです。遊びに行った時も、お友だちがきた時も大人はしっかり子どもに伝えなければなりません。日々の生活の中で、大人は、子どものお手本とならなければなりません。今学期も教職員一同気を引き締めて、共に成長していきたいと思いました。今学期もどうぞよろしくお願い致します。              園長 田中雅子

 

 

今日、年中さんがじゃがいもを掘りました。秋の収穫感謝祭の豚汁で食べます。