実りの秋 

一雨ごとに気温が下がり、月がすっきり綺麗に見える季節になりましたね。先日の運動会では、皆様に沢山のご協力を頂きながら、一日無事に終えることができました。ありがとうございました。

運動会、本当に子どもたちはよく頑張っていましたね。遊戯を渋っていた子が頑張って踊っていたり、バルーンで苦労した技が決まったり、障がい物では、苦手なアイテムを克服したりと、あちこちに「すごい!」「やった!」が散りばめられていて、小さな奇跡の連続に職員も胸が熱くなりました。子どもが一生懸命やっている姿そのものが、私達大人へのギフトだなあと、いつも思うのです。今回もたくさんのギフトをもらいました。温かい拍手と大きな声援に包まれながら、ご家族の皆様と成長を共に喜べる幸せな時間を過ごせました事、心より感謝申し上げます。

「頑張ったね!」「上手だったね!」そんな言葉が、子ども達のステップアップに繋がります。でもできればその前に一言、「リレー頑張ったね!」「踊り上手だったね!」と何が特に良かったのかを言ってあげると、尚伝わります。子どもはその言葉から自分の姿を客観的に想像できますし、具体的な言葉であればあるほど、記憶に残ります。

「そうか、私上手に踊れたんだ!」と思う事が自信につながり、その他の物事に対しても、「やってみよう」という挑戦意欲につながります。その根底にある“私はきっとできる!”という“根拠のない自信”こそが、前向きで肯定的な生活に繋がります。これを持っている子どもは失敗を恐れずにチャレンジできるようになるからです。

自分を信じる力、最後まで頑張る力、友達と力を合わせる楽しさ…そんな事を味わい、深める事ができる、実りの秋になることを願っています。

 

 

 

 

運動会へ向けて

運動会の練習も始まり、笛の音や子ども達のかけ声がホールや園庭から聞こえてくるようになりました。

身体を動かす事を楽しみながら「友達と一緒に頑張る楽しさを味わう事」「最後までやり遂げた満足感と

充実感を味わう事」この2つが運動会という行事の大きなねらいです。やりたくない気持ち、苦手な気持ちになる時もありますが、それを乗り越える強さが時に成長のスパイスになります。今の力より“ちょっとだけ”レベルの高い事に挑戦し、そのハードルを越える事で、子ども達は大きくステップアップします。

さて、運動会までの期間、一番の楽しみは子ども達の変化です。運動会までのほんの短い期間の間に子ども達は本当に伸びます!走る順位が入れ替わるようになり、特にリレーでは、遅かった子が早くなり、負け続けていたチームが本番で勝ったりします。

練習では、負けた悔しさで涙したり、勝った時には飛び上がって歓声をあげたり、感情表現もどんどん豊かになっていきます。

遊戯では、踊らずにずっと様子を見ているだけだった子が、ある日を境にちょっと手足を動かすようになり、部分的に踊りを覚えていき、当日はみんなと合わせて踊ったりもします。

その周りには、頑張っている友達を応援したり、できた時に自分の事のように喜んだりする子ども達の姿があります。

本番当日は、そこかしこに散りばめられている小さな奇跡が感動を生みます。私達職員も、熱い思いで、子ども達と一緒に頑張ります。

子ども達が頑張ってきた成果を発揮できる事、その成長をご家族の皆さまと共有できる事、そしてこの経験から得た自信が次の挑戦につながる事。そのような運動会の持つ大きな意味を大切にしながら、当日に向かいたいと思います。

本番をどうぞお楽しみに!当日は皆様のご理解ご協力をよろしくお願い致します。

 

 

 

二学期スタートです!

北海道にしては暑い夏でしたね!夏休みの間も、水遊びやキャンプなど、夏ならではの遊びを楽しまれたことと思います。海やプールで、水に全身を預ける感覚や、色々な生き物を自分の目で見る体験は、夏の暑さと共に、記憶に刻まれた事でしょう。

真っ黒に焼けた子ども達から、夏休みの思い出を聞きながら、また元気に二学期を始めたいと思います。

 

そして今週中にも、9月の運動会に向けての取り組みが始まります。運動会までの数週間の活動の経験が、子ども達をぐんと成長させてくれます。何よりも子どもたちが楽しみながら、そして苦手な事にも挑戦する気持ちを持って、活動に参加できるように見守っていきます。

 

実りの秋に向けて、充実した時間を過ごせますように…

二学期も皆様のご理解ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。